制作記録 2011/02/19

昨日から新しい求職アプリを作ってみている。

その前に開発中のアプリがpublicβ版に表示されないように、urlパラメータに指定したcsvのURLからアプリケーションをDockに追加するようにする。

このほかに、urlパラメータ内にcsv相当のデータを持たせて、ガジェットOS内でカスタムなurlを作れるようにしたい。

この求職アプリでは、とりあえず求人検索結果の最初の20件は取れるようになった。
で、次の20件以降は、どうもCookieパラメータを返しながら遷移していくみたいだ。

gadgets.io.makeRequestのレスポンスには、このクッキーの内容もついてきてくれているみたいだ。しかしこれまでの間、このことを想定してないので大きくgOS.io.makeRequestを書き換えた。Opensocial jQueryのajaxを参考にしてみた。まだ、dataTypeとかサポートしてないのもあるけど。

Flash⇔Javascript間でExternalInterfaceするときに、連想配列の受け渡しで問題がある。連想配列のキーに使えない文字があって、エラーが出たりする。現在のgOS.io.makeRequestの元となるものを書いているときは、この問題をよく把握していなかったのでとにかくtextで結果を取得していた。今なら大丈夫なのでザクっと書き換えよう。

ところで、Flash内部でOAuthサービスを指すIDとgadget.xmlの<Service name="googledocs">を一致させようとxml側を書き換えたら、エラーが返ってきたり、その後は認可用URLが返ってきた。

あわてて昔のものに戻して、Flash側のIDをgadget.xmlに倣った。しばらくエラーが帰って、その後は認可済みになった。

このパラメータは、特に実際の運用に入ってから変えてしまうのはまずいみたいだ。少なくともiGoogleでは。