ガジェットとOAuth

本日は、ガジェットのストレージについて、からはじめていろいろ調査した。

OpenSocial の AppData は10KBまで保持してくれるが、iGoogle 内のガジェットでないと機能しない。(正確には、http://k0v~~.ig.ig.gmodules.com/gadgets/ifr?url=http~~.xml以外のパラメータを削ってしまうと駄目で、このパラメータが毎回変わるとしたら必ずiGoogleから起動しなければいけないことになる。つまりブックマークができない。本来はそういうものじゃないけど。。。)

Google で発行されたスクリプトから貼った、ホームページ用ガジェットも動作しなくなるから始末に終えない。(これはちょっと困る!)

OAuth 機能も、ガジェットをホームページに貼り付けると動作しない。

試みに OpenSocialDashboard で FriendConnect ガジェットにしてみたが、OAuth を使うガジェットはエラーになる。

ちなみに、OpenSocialDashBoard でガジェットの設定ファイルの url を渡すと、GFC ガジェットとして出てくるのはどうしてかとコードを見ると、 google.friendconnect.container.renderOpenSocialGadget()という通常の手順が用意されていた。

これの、OpenSocial 版があれば万事解決だけど、基本的に SNS 内で実行される OpenSocial にはないわな。

思うに認証については、OAuth もサポートするもの、クライアントログインのみのもの、2種類を制作していく必要があるみたいだ。エレガントではないなぁ。