制作記録 2010/09/05

本日はやはりAuthSubが使えないかとサンプルを作ったりしたけど、骨折り損だったorz
GadgetではAuthSubはjsapi経由でないと使えないみたいだ。
そしてjsapiではDocsもReaderも対応していない。多分。

気を取り直して、セッションIDの保持と、Readerの取得部分の変更をする。
セッションIDはこれまではReaderのみを扱っていたけど、複数セッションを扱うようにする。
Readerは、ReaderのTopページを読み込んで、あらかじめ埋め込まれているjsonから購読情報などを取得するようにする。
このjsonは連想配列のkeyが””で囲まれてなかったりで、変換が必要。

四苦八苦しつつ組み上げると、これまでの1/4程度の時間でReaderの取得が完了できる。
そこで、Readerもcsvローダーと同じく、フォルダーにアクセスされた時点から読み込みを始めるようにできた。コードもすっきりできていうことございません。