制作記録 2011/08/03 Webストレージからコンフィグデータ取得・壁紙の書き換え

Web ストレージ及びローカルストレージ(シェアードオブジェクト)を同期させつつ提供するストレージサービスを進めた。

Google スプレッドシートに置いた、ユーザーデータからファイル及びコンフィグファイルの取得、コンフィグファイルの取得を受けて壁紙の書き換えまでができた。

現在はまだ、Web ストレージへの保存はできなくて、仕方なく Google スプレッドシートを開いてデータを書き込んでいる。またローカルストレージは一切手付かずだ。

この他に、Google Docs のファイルについて、html で取得した内容を見れるようにした。html の表示についてはいずれhtml パーサーを書いてもう少しきちっとしたい。

Flex Builder3 の不可解な挙動について

src 内のフォルダ名を driver から fileDriver に書き換えると、延々kernel.driver. のクラスがないよ!と言われる。

仕方ないので、コピーして控えておいた driver フォルダを突っ込むと了解してくれた。

その後この driver フォルダを消して、名前の変更が済んだ。Flex Builder まじたのんます、、、