シーケンシャルアクセスとランダムアクセス

昨日駆け足をしていて、ふとWeb上のリソースへもシーケンシャルアクセスとランダムアクセスがあるな、と思いました。

Docsのファイル一覧は一発で取得できるのでランダムアクセス。

Googleリーダーでは、アイテム一覧はランダムアクセス、しかしフィードの記事の取得はシーケンシャルアクセスになります。都度にアクセスしないと過去の記事に遡れません。


これまで、フィードについては連続したアクセスが発生する例外なファイルとして、処理をアプリケーションとドライバに任せてきました。

しかしこれをシーケンシャルなデバイスとすると、システムにコントロールを移せます。


ちなみに、ポケットコンピュータとMSXでカセットテープ、ファミコンディスクシステムでクイックディスクとシーケンシャルアクセスな記憶装置にはたっぷりお世話になっています(^ ^;
さすがに紙テープは使ったことないのですが、憧れます。

現在も中古で買ったDATドライブを持っていますが、こちらはまだ稼動はしてません。