Win2Kのインスト

 実は少し前にトライしたときは、途中からHDDを認識しなくなり、電源が入った状態でHDD の抜き差しをしていたことから、これはIDE制御をヌッ殺してしまったのかと、かなり欝になって放置してました。というかあきらめ悪くNC13Dをオクで落とそうとしてましたけど、めでたく高値圏に飛び去ってくれましたとさ。

 今日久々にいじってみると、BIOS画面のIDE0のページに入って、そこの『AUTOで識別』をたたくとHDDがチェックされて認識されると判かる。(BIOSを出ると再起動が入り、C-MOS電池が切れてると設定を失って延々先に進めないので注意!)

 で久しくもともと入っていたWin98を拝む。起動FDDを用意していざインストへ。

 事前のフォーマットはマイコンピュータのプロパティからやるとFAT32になってしまうのか、NC13DがFDD起動前に止まってしまう。管理メニューのディスク管理ツールからきちんとFAT16でフォーマットすると次に進めた。
 nLiteでカリカリにした(160MB)Win2ksp4インストCDのi386フォルダを、800MBのHDDに突っ込むんで、NC13DにHDD をセット。
 この前は10GBのHDDに入れようと延々やったけど、4Gか8Gとかの、どちらかの壁のせいでNC13DがMS-DOS起動前にこける。
 解消法はあるみたいだけど、ツールのソフトが落とせなくなってて断念。800MBにインストを行う。
FMV-BIBLO NC13D を活用しよう!

 98起動FDDからMS-DOSに入り、(:の入力はSHIFT+;、\の入力は])
A:\> C:
C:\> CD C:\I386
C:\I386> WINNT
 ↑でインストールが始まる。その間文字は化けまくり、、、OSのインストに慣れてないとだめかも。
 実はI386にWINNT.exeがなくてかなり頭が白くなって、いろいろしたけど(他のPCにつないでファイルのコピーまでさせたりとか)もともとの 2kのCDの中に入ってたのをコピーすれば問題なかった。
 今後ろでカリカリ動いてます。一日かかるというBlogもあるけど、さてどんなものか?

 FATパーテーションにいれるOSを削るときは、IISは残さないと途中でこけてしまう。FATはHDDイメージのバックアップがフリーであるのでよく使います。

 今、終わったけど、FDDを抜き忘れて再起動がうまくいかずこける、、、やり直し。
FDDはDOSが起ったらすぐ抜くのが吉。
 今度はちゃんと時間は測るよ。

 WINNT実行直後にC:i386と聞いてくるけど、これはインストールフォルダかな?c:に直してエンターしたけど。